共同通信PRwire

ジェームズ・ディーン写真集 没後65年出版目指しクラウドファンディング開催中

2019年12月6日

ジェームズ・ディーン・アーカイブス 大西清太コレクション

ジェームズ・ディーン写真集
没後 65 年出版目指しクラウドファンディング開催中
世界的コレクター秘蔵 1600 カットを全て収録

「ジェームズ・ディーン・アーカイブス 大西清太コレクション」( 神戸市、https://jamesdean.jp/) は 2019 年 11 月 29 日(日本時間 19 時)より 2020 年 1 月 27 日まで 60 日間にわたり、写真集「James Dean1955-∞」の出版費用をクラウドファンディングにて募ります。ディーン没後 65 年の 2020 年の出版を目指します。クラウドファンディングのページは
https://www.kickstarter.com/projects/jamesdeanarchives/new-james-dean-photobook-including-1600-images)より。

1955 年に 24 歳で事故死したハリウッド俳優ジェームズ・ディーン(1931-1955)の最後の 85 日を写したコレクター秘蔵の 1600カットを収録した写真集です。写真家サンフォード・ロス(1906-1962)が 1955 年に撮影したもので、オリジナルの写真ネガと著作権はディーンの世界的コレクターである日本人実業家、大西清太のコレクションです。


「毎日新聞」「世界ふしぎ発見」も注目のプロジェクトの集大成

「エデンの東」「理由なき反抗」「ジャイアンツ」の3作で世界中から名声を集めたディーン。その事故死した現場に大西が「何もなくてかわいそうだった」と 1977 年に鋼鉄製の記念碑を建立しました。写真家ロスの妻ビューラと親交を深めた大西は「大切な友達をもう 1 人の大切な友達に託しているようなもの」として 1987 年にオリジナルの写真ネガと著作権を譲られました。

「ジャイアンツ」の出演の姿、ロス夫妻と過ごしたプライベートの姿を含む生前最後の 85 日間 1600 カットにおよぶ写真は、 2016 年 3 月より「ジェームズ・ディーン・アーカイブス 大西清太コレクション」の専門家によってデジタル修復を行ってきました。

写真集を企画した ジェームズ・ディーン・アーカイブスのプロジェクトマネージャーの中野智文は「1955 年撮影のネガは傷も多く劣化しているため、一日一枚か二枚の修復で 3 年以上かかりましたが、1600 カットの貴重な写真を見ていただける機会を設けることで、ディーンのファンだけでなく映画ファン、自動車ファン、写真ファンにとって新たな発見の場となればと思っています」と話しています。「毎日新聞」1面掲載、「世界ふしぎ発見」も注目のプロジェクトの集大成となる写真集です。

動画はこちらよりご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=yWOHmGrRHQw&t=3s