共同通信PRwire

underwrite.aiがH2O.aiを活用しAIでクレジットを最新化

underwrite.aiがH2O.aiを活用しAIでクレジットを最新化

AsiaNet 81796 (2351)

【マウンテンビュー(米カリフォルニア州)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*underwrite.aiがH2O Driverless AI活用の先頭に立ち、従来のクレジットスコアカードを完全に凌駕

人工知能(AI)と機械学習のオープンソースリーダーであるH2O.ai(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2649509-1&h=169474640&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D2350123-1%26h%3D2533003955%26u%3Dhttps%253A%252F%252Fwww.h2o.ai%252F%26a%3DH2O.ai&a=H2O.ai )は3日、人工知能ベースのクレジット引受モデルのグローバルプロバイダー、underwrite.ai(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2649509-1&h=154435758&u=http%3A%2F%2Fwww.underwrite.ai%2F&a=underwrite.ai )が、自動機械学習プラットフォームH2O Driverless AI(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2649509-1&h=1435970295&u=https%3A%2F%2Fwww.h2o.ai%2Fproducts%2Fh2o-driverless-ai%2F&a=H2O+Driverless+AI )を活用し、信用貸付リスクを迅速かつ効果的に判定する完全自動化・準拠プロセスの強化を図っていると発表した。H2O Driverless AIを拡張データセットに使用することで、underwrite.aiは自動化された信用判定をミリ秒単位で返すモデルを構築、養成し、消費者と中小企業両方の貸付で従来のスコアカードを大幅に凌駕した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/681933/h2oai_Logo.jpg

H2O.aiのスリ・アンバティ創業者兼最高経営責任者(CEO)は「underwrite.aiは自動機械学習を使用してクレジットの評価方法を変革し、貸し手と借り手の双方により良い結果を出している。Driverless AIによって、underwrite.aiがより多くの要素を活用して正確なスコアを迅速に生成しているだけでなく、信頼できる説明可能な機械学習も頼りにしていることを非常に喜んでいる。H2O.aiのイノベーションは、世界中の人々のためにクレジットの民主化をリードしている」と語った。

underwrite.aiのマーク・ステイン創業者兼CEOは「従来の信用評価サービスで使用されていた一握りのデータポイントの代わりに数千のデータポイントを使用するunderwrite.aiは、はるかに信頼性の高い貸出リスクプロファイルを生成し、貸し手がクレジットまたはローンの申請を評価する際に使用できるようにしている。Driverless AIを使用して非線形モデルを構築および展開することで、貸し手に信頼性の高い信用判定を届ける完全自動化プロセスを、判定に完全に準拠した説明付きで0.5ミリ秒以内に提供できるようになった。H2OとDriverless AIは当社のプラットフォームで不可欠な役割を果しており、モデルの開発と展開を飛躍的に加速している」と語った。

▽財務結果の改善
従来の信用評価サービスで使用されているものとは異なるモデルを構築することで、貸し手はより幅広く安全なポートフォリオづくりが可能になる。Underwrite.aiは、ゲノミクスと素粒子物理学から派生したAIの進歩を応用し、滞納率を大幅に改善する信用リスクの非線形、動的モデルを貸し手に提供している。非線形アルゴリズムモデリングを使用することで、underwrite.aiは、北米および世界中の信用調査機関の利用が制限あるいは利用不能な状況での融資リスクを効果的に判定できるようになった。

▽AIによるクレジットの民主化
H2O Driverless AIにより、underwrite.aiに在籍しているようなデータサイエンティストは、自動機械学習と最先端の計算力を通じて、より迅速かつ効率的にプロジェクトに取り組むことができるようになる。Driverless AIの使用で、通常数カ月かかるタスクが数分あるいは数時間で完了する。これは、自動特徴量エンジニアリング、モデルの検証、モデルの調整、モデルの選択と展開、機械学習の解釈可能性、時系列、NLP、およびモデルスコアリング用の自動パイプライン生成によって実現した。H2O Driverless AIは、その汎用性により強力なデータサイエンスプラットフォームとなっており、あらゆる業界のあらゆる企業の多様な使用事例ニーズに容易に対応できる。

ステイン氏は「H2O.aiの技術が解決の役に立ってくれる課題は数多くあり、それを掘り下げて使用する人が増えるほど、世界は良くなっていく」と語った。

H2O.aiとつながろう。

*Driverless AIをダウンロードして、21日間の無料トライアルを
https://www.h2o.ai/try-driverless-ai/

*詳細については、h2o.aiを参照。
https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2649509-1&h=1681745255&u=http%3A%2F%2Fwww.h2o.ai%2F&a=h2o.ai

*Twitterで当社のフォローを:@ H2Oai
   (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2649509-1&h=1912664424&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fh2oai&a=%40H2Oai

*LinkedInで当社に連絡を:https://www.linkedin.com/company/h2oai/

▽H2O.aiについて
H2O.aiは、全ての人のためにAIを民主化するという使命を掲げる、AIのオープンソースリーダーである。H2O.aiは、カテゴリーを作成する先見性のあるオープンソースの機械学習プラットフォームであるH2Oを活用、ソフトウエアでAIの使用を変革している。 1万8000以上の企業が、財務、保険、ヘルスケア、小売、通信、販売、マーケティングのミッションクリティカルな使用事例でオープンソースH2Oを使用している。H2O Driverless AIは、データサイエンス実行のより容易、高速、効果的な手段を提供するため、AIを使用してAIを実行している。H2O.aiは、NVIDIA、IBM、インテル、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformといった大手テクノロジー企業と提携しており、Capital One、Progressive Insurance、Comcast、Walgreens、MarketAxessなど顧客ベースの拡大を誇りにしている。
詳細情報、およびH2O.aiがいかにAI変革を推進しているかの詳細については、www.h2o.ai  を参照。

▽underwrite.aiについて
2015年創業のUnderwrite.aiは、ゲノミクスと素粒子物理学から派生した人工知能の進歩を応用し、従来のアプローチを完全に凌駕する信用リスクの非線形、動的モデルを貸し手に提供している。同社の機械学習ベースのモデルは、米国、英国、カナダ、メキシコ、ウルグアイ、フィリピン、韓国で使用されており、担保付きおよび無担保の消費者クレジット、商業ベースのインスタントクレジット、サブプライム自動車、 SMB融資、5000万ドルまでのコーポレートファイナンス、ディープラーニングベースのインスタントKYCを提供している。underwrite.aiおよび同社の信用リスク判定や評価サービスの詳細については、www.underwrite.ai を参照。

▽メディア問い合わせ先
Russ Castronovo
Russ.castronovo@H2O.ai
+1-408-391-9632

ソース:H2O.ai