天下泰平の江戸時代の礎を築いた徳川家康は自らの亡きがらを久能山に埋葬するよう命じ、元和二(1616)年に没しました。
 それから400年が過ぎて開催する本展は、久能山東照宮(静岡市)が所蔵する徳川歴代将軍の甲冑をはじめとするえりすぐりの逸品を紹介します。徳川家の歴史を体現する名宝を集めた、九州では初の大規模展にぜひ足をお運びください。

久能山東照宮 御本社

久能山東照宮 御本社

徳川家康(東照大権現像より)

徳川家康
(東照大権現像より)

 徳川幕府創設者の初代将軍徳川家康が亡くなり神として祀られた元和二(1616)年から四百年の節目の年にあたり、宮崎の地に初めて徳川歴代将軍家の名宝が一堂に会する「家康没後四百年 徳川歴代将軍名宝展―久能山東照宮」を開催します。

徳川家康が征夷大将軍に任じられた慶長八(1603)年から、慶応三(1867)年の大政奉還まで二世紀半にも及ぶ江戸時代、徳川将軍家は全国諸大名の頂点に君臨し、武家の棟梁としての文化・伝統を築き上げました。この文化・伝統は、世界史的に見ても稀有な長期に亘る泰平の世という、日本が誇る政治の安定期がもたらした賜物です。

この展覧会では、「国宝・久能山東照宮」「徳川将軍家の武威」「久能山東照宮の名宝」という三つのテーマにそって、武門の象徴である武器武具・歴代将軍の遺品・徳川家康ゆかりの品々・幕府と諸外国との交流を伝える歴史資料などを紹介し、年表・パネル・映像資料を用いてわかりやすく解説します。

全国各地の東照宮の根本大社にあたる静岡県静岡市の久能山東照宮は、初代将軍徳川家康が埋葬された神社であり、江戸時代を通じ徳川将軍家の崇敬厚く、神宝・奉納品を中心に、国宝・重要文化財230点を含む2,000点を超える美術・工芸品を所有します。このたびは、所蔵品の中から選りすぐりの文化財を紹介します。当地初公開となる武家文化の精髄を心ゆくまでご堪能いただければ幸いです。

 

 

【開催要項】


【展覧会名】
家康没後四百年 徳川歴代将軍名宝展-久能山東照宮

【会期】
平成29年4月8日(土)~5月28日(日)
※休館日 毎週月曜日
開館:午前10時/閉館:午後6時(展示室入室は午後5時30分まで)

【展示内容】
徳川家康の 手沢品 しゅたくひん 、刀剣、甲冑、染織品、調度・装身具、絵画、書蹟・古文書など

(展示構成)
第一章 国宝・久能山東照宮
第二章 徳川家の武威 歴代将軍甲冑完備
第三章 久能山東照宮の名宝

【主催】
徳川歴代将軍名宝展 実行委員会 (宮崎日日新聞社、テレビ宮崎、宮崎県立美術館、宮崎県総合博物館)

【特別協賛】
第一生命保険株式会社

【特別協力】
久能山東照宮、久能山東照宮博物館

【企画協力】
リビング・アート・ジャパン

【後援】
宮崎県市長会、宮崎県町村会、宮崎県校長会、宮崎県県立学校長協会、宮崎県私立中学高等学校協会、(公財)宮崎県芸術文化協会、宮崎県市町村教育委員会連合会、宮崎県PTA連合会、宮崎県児童館連絡協議会、(一社)宮崎県教職員互助会、(公財)みやざき観光コンベンション協会、(公社)宮崎市観光協会、社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会、宮崎県地域婦人連絡協議会、宮崎県老人クラブ連合会、(一社)宮崎県商工会議所連合会、宮崎商工会議所、宮崎県商工会連合会、宮崎県中小企業団体中央会、宮崎県商店街振興組合連合会、NHK宮崎放送局、エフエム宮崎、宮崎サンシャインエフエム、MCN宮崎ケーブルテレビ、BTV株式会社、(株)ケーブルメディアワイワイ、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、西日本新聞社




【関連イベント】

落合 偉洲 おちあい ひでくに氏 記念講演会 概要

落合 偉洲氏

落合 偉洲氏

日時:平成29年4月8日(土) 午前11時~、午後2時~
   平成29年5月7日(日) 午前11時~、午後2時~
講師:久能山東照宮宮司・久能山東照宮博物館館長
   落合偉洲氏
会場:宮崎県立美術館1階アートホール
定員:各回100名

申込方法:氏名・郵便番号・住所・電話番号・人数・希望日時を明記の上、電話・ファクス・ハガキ・メールで宮崎日日新聞社事業部まで。各回とも定員を超えた場合は抽選となり、4名様までお申し込みできます。当選者への聴講券発送をもって発表といたします。
申込締切:4月8日分は3月24日(金)、5月7日分は4月21日(金)
聴講条件:聴講券と本展の入場券(1人1枚)の提示が必要
申込先:宮崎日日新聞社事業部「徳川展 記念講演会係」
〒880-8570
宮崎市高千穂通1-1-33
電 話  0985-26-9303(平日午前9時~午後5時)
ファクス 0985-29-5276
メール  tokugawa@the-miyanichi.co.jp

落合偉洲氏 1947(昭和22)年宮崎県生まれ。日向学院高等学校から國學院大学を卒業。1975(同50)年に神社本庁入り。総務部長などを歴任し退職。2002年から現職



重要文化財 太刀 無銘光世作

「ソハヤノツルキ」×刀剣乱舞 -ONLINE- コラボ企画!

©2015-2017 DMM GAMES/Nitroplus

ソハヤノツルキの等身大パネルが会場に現る!
[記念撮影コーナー]
オリジナルノベルティカードをご希望の方へ
限定配布!
配布枚数:1人1枚(1日限定200枚)
配布日時:会期中の日曜、祝日(5/6含む)
※希望者多数の場合、整理券を事前に配布
することもあります。
オリジナル抹茶らくがん販売!(1500箱限定・
静岡本山抹茶研究会製作)
オリジナルクリアファイル販売!






 

【チケット】

【観覧料】
区分早割ペア券前売り、団体当日
大人2枚\1,500\1,000\1,200
小中高生設定なし\400\600
早割ペア券は完売いたしました

※団体は20名以上。

※下記に該当する方が観覧する場合は観覧料を免除する。
1)身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳を提示する方とその介護同伴者1名
2)幼稚園及び保育園児等の未就学児
3)学校教育及び観光関係団体の引率者及び添乗員
4)報道機関及び行政視察者
5)本展実行委員会が認める者


【販売期間】
<前売り券>
2月1日(水)10時~4月7日(金)24時販売分。

■プレイガイド
宮崎日日新聞県内各販売所、宮日会館1階受付、UMKテレビ宮崎、プラスノート(県立美術館1階ミュージアムショップ)、
イオン延岡ショッピングセンター、ショッピングセンターパオ、宮崎山形屋、田中書店県内各店(都城市内の田中書店を除く)、
宮交シティ、イオンモール宮崎、イオン都城ショッピングセンター、コープみやざき県内各店、日南山形屋、
西村楽器micc本店、蔦屋書店宮崎高千穂通り、たかなべ書房、延岡総合文化センター、
門川町総合文化会館、日向市文化交流センター、宮日カルチャーMRTミック教室、サンA川南文化ホール、高鍋町美術館、
メディキット県民文化センター、宮崎大学生活協同組合書籍購買店、デサキ宮崎店、
西都原考古博物館ミュージアムショップ「舗」、 みやざき歴史文化館、宮崎市観光案内所、都城市立美術館、都城市総合文化ホール、都城島津邸、
串間市観光協会、(一社)日南市観光協会、串間駅乗車券売り場、都井岬ビジターセンター、
宮崎カメラ県内各店
◇電子プレイガイド◇
セブンチケット(セブンコード:051-373)、チケットぴあ(Pコード:768-116)、ローソンチケット(Lコード:82956)、ファミリーマート・イープラス ※一枚でお一人様ご入場できます。
※払戻しはいたしかねます。

<当日券>
会期中、宮崎県立美術館でのみ販売。


【展示品】


※クリックすることで、拡大画像がご覧いただけます。

【重要文化財】洋時計

【重要文化財】金溜塗具足
(徳川家康所用)

【重要文化財】檜扇

【重要文化財】目器

【重要文化財】太刀 無銘光世作

【重要文化財】蒔絵刀箱

【重要文化財】青磁香炉

【重要文化財】火繩銃

卯花威胴丸(十五代慶喜所用)

金扇馬標(徳川家康所用)

紅絲威具足(十一代家斉所用)

鎧直垂 水干仕立(八代吉宗所用)

紺絲素懸威具足(三代家光所用)

鎧直垂袴(八代吉宗所用)

縹絲威具足(五代綱吉所用)

東照大権現像

写形歯朶具足(十代家治所用)

写形歯朶具足(七代家継所用)

久能山真景之図

縹絲素懸威具足(十二代家慶所用)

 

【リンク】